眠いわたしのナイトルーティン

仕事を定時ぴったりに終えたら、1時間ほど歩いて帰宅する。節約と運動を兼ねて始めた習慣だけど、もう半年くらい続いている。夕食のメニューとか好きな〇〇ランキングとか、深刻さのかけらもないことを考えながら歩くこの時間が好き。

帰宅したら手洗いうがいをし、今日使ったハンカチやお弁当箱などをかばんから出す。夕食を作りながら洗濯物を取り込み、細々とした雑用を片付けていく。ここまで決して座らない。座ったら最後、立ち上がれなくなるから。

雑用がひと段落ついたら、お風呂を沸かす。胃の負担を減らすため、食事は入浴後にするようになった。入浴時間は長い。美意識じゃなく、湯船に浸かりながらスマホを見ているだけ。

入浴後はちゃちゃっとスキンケアとヘアケアをし、夕食の仕上げをする。ご飯を炊いたり、主菜や汁物に火を入れたり。できたらようやく食事。なんぼなんでも20時には食べ始めるようにしたい。

この日記はこのくらいのタイミングで書くことが多い。楽しい時間のひとつ。

その後余力が残っていたら洗濯をする。最後の力を振り絞りながら台所を片付け、眠気と闘いながら洗濯物を干し、夜の家事はすべて終了。

あとは手帳をつけたり本を読んだりして自由に過ごす。眠いときは何もしない。いつも21時半から22時には眠りに就く。そんな、夜に弱いわたしのナイトルーティン。

 

f:id:mayqoo:20210408202229j:plain

今日の夕食。手羽元と長芋の照り煮。ピーマンとじゃがいもの炒め物。お味噌汁。ごはん。